チッチの出産 ほんとうは6仔ニャン・・・

こんな真夜中に。。。どうしても書いておきたくて

我が家は本当は猫家族8ニャンになるはずでした
チッチはコニャンを6匹宿していたのです。
でも2ニャンは元気に産まれてはきませんでした。

チッチの出産当日、
なかなか産気づかず、やっと今日産まれるなっと思った明け方に
(寝られず起きていたのですが)
チッチが呼びに来るのです
「お母さんもうすぐ産まれそうなの。。。」と2回も。。。

谷崎潤一郎の本で飼い猫が出産のときに
呼びに来るくだりがありましたが
本当なのです。

明け方4時にはまだ産まれず、チッチが産箱として選んだダンボールがある寝室で
しばらく一緒にいて起きて待っていたのです。

病院でエコーを見たとき3ニャンは確実で
4ニャン目がなんとなく見えていたので
4匹と決めてかかっていたのがよくなかったのです

4時からの出産なら7時には終わるだろうから、
それから出勤できると計算していたのです。が・・・
なかなか産まれません。
4時からチッチのそばで少し眠ってしまいました。
7時にあわてて目が覚めて
1ニャン(ポポ)が産まれていました。しまった!!
「産まれたよっ」と主人に声をかけて
どうしてもはずせない仕事があり出勤。

その後チッチは11時までかかって6ニャンを出産したそうです。
3番目と4番目の仔が駄目でした。
3番目の仔は産まれたときはすでに冷たくなっており、
4番目はまだ温かかったそうです。

モモパパは出産に立ち会っていたので
(これが後でよくないことに発展。その話はまた後日)
上へ下へとうろうろしていたそうです。
というのは産箱のダンボールは出産時に安心できるように
小さな入り口しか開けていません。
でも目のいいモモには見えていたのか感じていたのか。
2ニャンが他のコニャンの下敷きになっていることに気づいていたのでしょう。
今考えると「おろおろ」して騒いでいたそうです。

チッチは疲れてぐったりして、コニャンに気づきません。
こんなところにも弱肉強食の世界があります。
弱い仔は淘汰されてしまうのです。
コニャンたちはまだ目が見えない状態で、お乳をさがし
下敷きにしてる兄弟には気づきません。
生きることに必死です。早くお乳にありつかなければなりません。
そんな戦いが知らぬ間に2ニャンを亡くすことに。

もっと明るく開放的な産箱であれば死産だった仔は別としても
1ニャンは助かったかもしれない。。。主人は今でも悔やんでいるようです。

小さな2ニャンの遺体を荼毘にふし、小さい骨を拾いました。。。
まだ名もない2ニャンです。

チッチママのお乳を飲むことなく逝ってしまった2ニャンの分も
いまポポ・ロロ・ププ・ルルは元気に走り回っています。

チッチは6ニャン出産したことを知っているようです。
私が夜帰宅したときも
なんとなく産箱のあたりを探している風でした。

チッチママごめんね

その後チッチママは5ヶ月まで!4コニャンズに授乳してました。

・・・なんとなく書き残しておきたくて。

今元気なルルもチッチのお尻から羊膜に包まった状態で
ぶら下がっていたのを主人が膜を破いて引き出したらしいです。
だから余計にかわいいらしいですよ。

チッチが私を頼って産まれるよって呼びにきたのに
出産が終わるまで立ち会えず、チッチにお詫びおしようもないです。
だからその分のお詫びも含めて今は親ばかになりたいのです


今日のモモチコ一家
☆子猫時代のアルバムもアップしたので見てね☆

画像

お腹の大きいチッチママ
画像

チッチ授乳中!(手足がこんなに細くなって。。。)
画像

出産後のチッチ。。。美猫です。
画像

大きくなったコニャンにまだ授乳中。
ア~ン(みんなお乳の時間よ~)ってコニャンを呼ぶのです!
立派な母ニャンでした。。。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ペコス
2008年03月20日 00:21
モモチコさん、こんばんは、
ご無沙汰しています。

出産の日のお仕事、とっても気がかりでしたでしょう(*_*;
初めてのお産でチッチママも大変だったと思います。
2匹の赤ちゃんはかわいそうですが、これも運命だったのですよ。モモチコさんもご主人様も自分を責めないでいいと思いますよ。みんな元気にすくすくと育っているのですから。にぎやかなモモチコ一家がこれからも幸せに暮らせますように・・・(^_-)-☆
2008年03月20日 16:25
ペコスさん
こんにちは。こちらこそご無沙汰です。
モモ、チッチ、4コニャンズ全員そろって
お蔭様で元気に暮らしていますよ。
また遊びに来てくださいね。
モモはペコスママが大好きのようです。
匂いを覚えているのでしょうかね。
それともペコスさんが「猫つかい」だからでしょうか?(笑)

この記事へのトラックバック